English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)第22回 年次会合」の結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年11月20日

水産庁

「大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)第22回 年次会合」の結果について

平成23年11月11日から19日まで、イスタンブール(トルコ共和国)において、「大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)第22回 年次会合」が開催されました。

1.概要

「大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT*)」は、大西洋における高度回遊性魚種(マグロ、カツオ、カジキ類)の保存管理を目的とする地域漁業管理機関です。

なお、我が国の漁船は、本条約水域において、遠洋まぐろはえ縄漁船(2010年:111隻)が操業を行っています。

*ICCAT:International Commission for the Conservation of Atlantic Tunas

2.日時・場所

日時:11月11日(金曜日)~19日(土曜日)

場所:イスタンブール(トルコ共和国)

3.参加国・地域

日本、米国、カナダ、ブラジル、中国、南アフリカ、EU等

4.我が国出席者

宮原 正典 水産庁 次長(政府代表)ほか、水産庁、外務省、経済産業省、独立行政法人 水産総合研究センター 国際水産資源研究所及び漁業関係団体の関係者

5.主な結果

 (1)メバチ・キハダの保存管理措置

メバチの漁獲可能量(TAC:Total Allowable Catch)について、現行枠(8.5万トン)を維持するとともに、キハダについて将来にわたる持続的利用を確実にするため、新たにキハダのTAC(11万トン)が設定されました。

また、メバチ・キハダの幼魚が多く生育するギニア湾における浮き魚礁を利用するまき網漁業の禁漁期、禁漁区域の拡大や、大型漁船の厳密な隻数規制の導入が決定されました。

(我が国の漁船については従前どおりの操業機会が確保されます。)

 

(2)北大西洋メカジキの保存管理措置

アメリカ合衆国、カナダ、EUが主要漁獲国である北大西洋メカジキのTACは1万3700トン(前年同)とされ、各主要漁獲国は満足のいく結果として評価しました。

(我が国は北大西洋メカジキをマグロ漁業の混獲として採捕しており、我が国の漁獲枠は年間842トン(前年同)と必要量が確保されました。)

 

(3)保存管理措置の遵守の確保

ICCATのルールに反する漁獲物の流通防止をより確実にするため、クロマグロの漁獲証明制度(注)の電子化、漁獲証明制度のメバチ、キハダ及びカツオへの適用拡大に向け、作業を行っていくこととなりました。

(注)漁獲から、輸送及び貿易等の各段階において、各国政府が漁獲物の合法性を確認する制度。

 

(4)その他

各国代表による選挙により、宮原水産庁次長がICCAT議長に選出されました。任期は今回の年次会合終了後から2013年の年次会合終了までの2年間です。

6.次回会合

2012年の年次会合は、11月にウルグアイで開催することとなりました。

7.その他

平成23年11月10日付けプレスリリース「大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)第22回年次会合」の開催について

http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/111110.html

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

資源管理部国際課
担当者:国際協定第2班 本岡、佐々木
代表:03-3502-8111(内線6746)
ダイヤルイン:03-3502-8460
FAX:03-3504-2649

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図