English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「みなみまぐろ保存委員会(CCSBT) 第21回 年次会合」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年10月10日

水産庁

「みなみまぐろ保存委員会(CCSBT) 第21回 年次会合」の開催について

 平成26年10月13日(月曜日)から16日(木曜日)まで、オークランド(ニュージーランド)において、「みなみまぐろ保存委員会(CCSBT) 第21回 年次会合」が開催されます。

会議は非公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。

1. みなみまぐろ保存委員会(CCSBT)について

「みなみまぐろ保存委員会(CCSBT*1)」は、ミナミマグロの保存及び最適利用の確保を目的とし、平成6年に設立された地域漁業管理機関です。
年1回開催される年次会合で、総漁獲可能量(TAC*2)及び国別割当量等の保存管理措置を決定しています。
*1 CCSBT: Commission for the Conservation of Southern Bluefin Tuna
*2 TAC: Total Allowable Catch

2. 開催日程及び場所

日程: 平成26年10月13日(月曜日)~16日(木曜日)
場所: オークランド(ニュージーランド)

 3. 参加予定国・地域

日本、豪州、ニュージーランド、韓国、インドネシア及び台湾 (6カ国・地域)
フィリピン、南アフリカ及びEUは、正式メンバーではありませんが、CCSBTの取組に協力する「協力的非加盟国・機関」として参加を予定しています。

4. 我が国出席者

遠藤 久 水産庁 資源管理部 審議官(政府代表) ほか、水産庁、外務省、独立行政法人 水産総合研究センター国際水産資源研究所及び漁業関係団体の関係者

5. 主要議題

(1) ミナミマグロの保存管理措置

今回の年次会合では、2013年に合意された2016年及び2017年のTACについて、科学委員会の助言等を踏まえた確認が行われる予定です。

 
(2) 保存管理措置の各国による遵守状況

6. 参考

2013年に開催された第20回年次会合において、2014年から2017年漁期のミナミマグロのTAC及び国別割当量は、下表のとおり合意されています。
・TAC及び国別割当量

国名

2014 (*3)

2015-2017(各年)

日本

3,403t

4,737t

豪州

5,193t

5,665t

韓国

1,045t

1,140t

台湾

1,045t

1,140t

インドネシア

750t

750t(*4)

ニュージーランド

918t

1,000t

フィリピン

45t

45t

南アフリカ

40t

150t (*5)

EU

10t

10t

調査死亡枠

-

10t

計  

12,449t

14,647t(*6) 

*3 南アフリカが加盟しなかったため、当初の国別割当量から変更された。

*4 2014年の遵守状況のレビューの結果を受けて再評価する予定。

*5 配分の増加は、南アフリカがCCSBTに加盟することを条件とする。

*6 2016年、2017年については科学委員会が妥当と認めた場合。

7. その他

会議は非公開ですが、冒頭のカメラ撮影は可能です。
報道対応については、下記「お問い合わせ先」へお問合せ下さい。


 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

資源管理部国際課
担当者:赤塚、福釜
代表:03-3502-8111(内線6745)
ダイヤルイン:03-3502-8459
FAX:03-3504-2649

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図