このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

プレスリリース

「平成28年度新南極海鯨類科学調査」の終了について

  • 印刷
平成29年3月31日
水産庁

平成29年3月31日(金曜日)、南極海における鯨類科学調査(新南極海鯨類科学調査計画(NEWREP-A))が終了し、調査船団が下関市に入港します。

1.調査の目的

本調査は、南極海におけるクロミンククジラのより精緻な捕獲枠の算出と南極海生態系の構造・動態の研究を目的として、昨年度から実施されているものです。
本調査は、国際捕鯨取締条約第8条に基づき、農林水産大臣の許可を受けて実施されています。

2.調査の概要

(1)調査海域:南緯60度以南、東経45度から東経165度
(2)航海期間:平成28年11月18日(金曜日)から平成29年3月31日(金曜日)まで 134日間
(3)調査期間:平成28年12月15日(木曜日)から平成29年3月7日(火曜日)まで 83日間
(4)調査実施機関:一般財団法人 日本鯨類研究所
(5)調査団長:一般財団法人 日本鯨類研究所 調査研究部採集調査研究室長 茂越 敏弘
(6)調査船:
・調査母船「日新丸」(8,145トン、江口船長以下104名)
・目視採集船「勇新丸」(724トン、阿部船長以下18名)
・目視採集船「第二勇新丸」(747トン、大越船長以下19名)
・目視採集船「第三勇新丸」(742トン、葛西船長以下20名)
・目視専門船「第七開洋丸」(649トン、五十嵐船長以下24名)

3.調査結果の概要

調査結果の概要は、次のとおりです。
(1)クロミンククジラ333頭を捕獲。そのうち、雄は155頭、雌は178頭でした。捕獲した個体のうち、雄は67.1%、雌は70.2%の割合で性成熟しており、予備的分析から、本種の健全な繁殖力が示唆されています。また、捕獲した個体に対しては、生物学的及び生態学的情報を明らかにするため、年齢査定に必要な耳垢栓と水晶体、栄養状態の判定に必要な脂皮厚、繁殖情報を得るための生殖腺、および餌生物種の情報を得るための胃内容物やその他の分析用組織標本を収集しました。
(2)目視調査からは、シロナガスクジラを始め、クロミンククジラ等の複数鯨種が同一海域を利用していること、ナガスクジラやザトウクジラなど大型クジラの発見が多いなど、近年の知見と同様の情報が確認されました。さらに近年ザトウクジラなどの大型鯨種の回復により、クロミンククジラの分布が南部海域の氷縁付近に集中する傾向にありましたが、今次調査では北部海域でも比較的多く発見されました。
(3)非致死的調査の実行可能性・有用性の検証のため、バイオプシー(皮膚標本)(注1)の採取実験や、摂餌期間中の移動経路を調べるための衛星標識装着実験を実施しました。
このほか、シロナガスクジラ、ザトウクジラ、ミナミセミクジラ及びシャチからの自然標識撮影(注2)、バイオプシー(皮膚標本)の採取等の調査を実施しました。
(4)餌生物資源量調査として、計量魚群探知機及びネットサンプリングによるオキアミ類の資源量調査や、採水を含む海洋観測を実施しました。
(5)今次調査で得たデータ及び標本は、今後、国内外の研究機関と連携して分析されます。成果については、詳細を国際捕鯨委員会(IWC)科学委員会で報告するとともに、関連学会などで発表していきます。
  (注1)DNA等を解析するため、鯨の表皮の一部を採取するもの。
  (注2)鯨の個体識別ができるような、外見上の特徴(色、ひれの形状、傷跡等)を撮影するもの。

4.安全対策

(1)今次調査については、調査船が反捕鯨団体シー・シェパードの船舶等と遭遇することがあったものの、水産庁監視船を派遣するなど安全対策に万全を期したことにより、調査船や乗組員の安全を脅かすような妨害行為は発生しませんでした。
(2)シー・シェパード船舶の旗国・寄港国等に対し、海上の安全確保のための実効的な措置を講じるよう申し入れを行いました。

5.その他

調査結果に関する詳細な情報は、一般財団法人 日本鯨類研究所のホームページで公開しています。
 http://www.icrwhale.org/
(参考)
平成28年11月18日付けプレスリリース「「2016年度新南極海鯨類科学調査」の実施について」
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/161118.html

お問合せ先

資源管理部国際課捕鯨室

担当者:髙屋、藤尾
代表:03-3502-8111(内線6762)
ダイヤルイン:03-3502-2443
FAX番号:03-3504-2649