このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

更新日:2019年8月27日

担当:水産庁漁場資源課

トド被害防止対策

「トド管理基本方針」について

  北海道・青森県日本海側に来遊するトドの個体群管理については、漁業被害の軽減とトドの絶滅回避の両立を図ることを目的として、水産庁が平成26年8月に策定した「トド管理基本方針」に基づき、10年後に来遊する個体群の個体数を平成22年の水準の60%まで減少させることを目標に、採捕頭数の設定や各種調査が実施されているところです。

トド管理基本方針の一部改正について

  トド管理基本方針については、これに基づく管理の開始から5年後に各種点検項目に係る点検結果及び専門家の意見を踏まえ、所要の見直しを行うことが規定されています。
  今般、本方針の見直しを行うにあたり、トドの管理に関する考え方等について専門家から意見を聴取するため、これまでに「トド管理基本方針の見直しに向けた検討会」を3回開催し、この検討会の結果等を踏まえ、本方針の見直しに伴う一部改正を行いました。
 

ページトップへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader