このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

水産流通適正化制度検討会議

   特定の水産動植物については、漁業者以外による違法漁獲の増加や、水産資源の減少などの問題が深刻化しています。また、国際的にIUU漁業の撲滅についての関心が高まっており、水産物の輸入大国である我が国が国際的な責任を果たす必要があります。
   こうした状況を踏まえ、令和元年9月から「漁獲証明制度に関する検討会」を設置し、違法に採捕された水産動植物の流通防止策について検討した結果、昨年10月に特定水産動植物等の国内流通の適正化等に関する法律(以下「法」という。)を国会に提出し、同年12月に成立・公布されました。同法は、特定第一種水産動植物及び特定第二種水産動植物の指定基準や対象魚種など制度の詳細を政省令に委ねており、その内容について速やかに検討する必要があります。
   そのため、幅広い関係者に参画いただき、リスクベースと実行可能性の両方の観点から制度の内容を議論を行う「水産流通適正化制度検討会議」を開催します。

開催状況について

第1回(令和3年5月17日開催)
〇水産庁配布資料(PDF : 2,779KB)
〇花岡委員配布資料(PDF : 1,436KB)
〇議事要旨(PDF : 339KB)

第2回(令和3年6月15日開催)
〇水産庁配布資料(PDF : 2,841KB)
〇議事要旨(PDF : 353KB)

第3回(令和3年6月29日開催)
〇水産庁配布資料(PDF : 1,030KB)
〇議事要旨(PDF : 210KB)

第4回(令和3年8月19日開催)
〇水産庁配布資料(PDF : 1,912KB)
〇議事要旨※作成次第、掲載いたします。

お問合せ先

漁政部加工流通課

担当者:寺井、立堀
ダイヤルイン:03-3502-8427

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader