このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

水産政策の改革関連資料

本ページでは、水産政策の改革について、関係資料を載せております。
水産政策の改革では、水産資源の適切な管理と水産業の成長産業化を両立させ、漁業者の所得向上と年齢バランスの取れた漁業就業構造を確立することを目指し、取組を行っています。
水産政策の改革について、詳しくはこちらから。

水産政策の改革の経緯について(関係資料)

水産政策の改革の経緯について、平成29年に新たな水産基本計画が策定され、数量管理等による資源管理の充実や漁業の成長産業化等を強力に進めるために必要な施策について検討が開始されました。その後、平成29年及び平成30年の「農林水産業・地域の活力創造プラン」の改訂において改革の具体的な方向性が示されました。

漁業法等改正について(関係資料)

水産政策の改革の柱として、漁業法等を改正し、平成30年12月に「漁業法等の一部を改正する等の法律」が公布、令和2年12月に施行されました。

水産政策の改革に関するQ&A

説明会等における質問や意見を基に水産改革に関するQ&A(PDF : 164KB)を作成しました。

お問合せ先

漁政部企画課

ダイヤルイン:03-6744-2343