このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

(3)漁村の活性化

 

(伝統的な生活体験や漁村地域の人々との交流を楽しむ「渚泊」を推進)

漁村は、豊かな自然環境、四季折々の新鮮な水産物や特徴的な加工技術、伝統文化、親水性レクリエーションの機会等の様々な地域資源を有しています。漁村の活性化のためには、それぞれが有する地域資源を十分に把握し最大限に活用することで、観光客などの来訪者を増やし、交流を促進することも重要な方策の1つです。そのためには、地域資源に加え、アクセスのしやすさや受入れ体制の状況等を含むその漁村の特性に即した対策を実施すること、さらに、漁業関係者のみならず飲食業、宿泊業、観光業、商工会等の関係者と連携し、地域一体となって取り組むことは、効果的かつ継続的な漁村の活性化のためには重要なことです(図5-4)。

国では、日本ならではの伝統的な生活体験や農山漁村地域の人々との交流を楽しむ滞在(農山漁村滞在型旅行)である「農泊のうはく」をビジネスとして実施できる体制を持った地域を、令和2(2020)年までに500地域創出することとしています。このうち、漁村地域においては「渚泊なぎさはく」として推進しており、地域資源を魅力ある観光コンテンツとして磨き上げる取組等のソフト対策への支援や、古民家等を活用した滞在施設や農林漁業・農山漁村体験施設等のハード対策への支援を行っています。

さらに、地域の漁業所得向上を目指して行われている「浜の活力再生プラン」及び「浜の活力再生広域プラン」の取組により、漁業振興を通じた漁村の活性化が図られることも期待されます。

こうした取組により、地域における雇用の創出や漁家所得の向上だけでなく、生きがい・やりがいの創出や地域の知名度の向上等を通して、地域全体の活性化につながることが期待されます。

図5-4 漁村の特性と取組例

図5-4 漁村の特性と取組例

事例漁業における新しい6次産業化の取組 ~株式会社ゲイト~

平成20年代から、漁業・漁村の6次産業化が進められてきましたが、その多くは、漁業に従事する生産者が主体となって、水産物の加工や直売、レストランの運営などに取り組むものでした。しかし、近年では、外食企業が漁業や水産加工業に参入する事例も見られるようになってきています。その1つが、平成30(2018)年に三重県で定置網漁業を始めた株式会社ゲイトです。

東京都で居酒屋を営む(株)ゲイトの五月女圭一そうとめ けいいち代表取締役は、消費者の産地への関心の薄さや、生産地の衰退に、危機感を抱いていました。そのような中、実際に漁村を訪れ、後継者不足に直面する漁村の現状を見て、外食産業として他人事ではない問題と捉え、漁業への参入を決意しました。(株)ゲイトは三重県で漁業権を取得して定置網漁業を行い、さらに、漁場近くの自社加工場で加工し、都内の飲食店に提供しています。

(株)ゲイトの定置網漁業では、Uターンした地元出身の女性たちが主体的に参加しており、未利用魚を含む漁獲物を現地で加工した上で都会に流通させることにより、地域の経済に貢献しています。また、定置網漁業や水産加工場の現場に、約140名の社員が交代で訪れ、実際に作業を体験することで、食材の価値や魅力を自身で感じ、来店客に知ってもらえるように努めています。さらに、漁業の実態を多くの人に知ってもらうために、各地での講演や水産業・漁村体験といった活動にも力を入れています。

三重県での操業の様子の写真
漁業体験の様子の写真

事例京都府伊根いね町における渚泊の取組

京都府の日本海側に位置する伊根地区は、沿岸部では昔から漁業が営まれ、周囲約5kmの伊根湾に沿って約230軒の舟屋と呼ばれる1階が舟置き場、2階が二次的な居室となっている建物が建ち並んでいます。この風光明媚な町並みと自然が残る地域は、重要伝統的建造物群保存地区にも選定されています。

近年は、その舟屋を宿泊施設に改修した1日1組限定の「舟屋の宿」が複数開業し、舟屋に宿泊することを目的とした観光客が増えています。また、平成28(2016)年から、観光案内所に町内の外国人を雇用する等、外国人観光客への対応を強化したことで、アジア各国・地域などの外国人観光客も増加しており、都会とは異なる伊根地区ならではの魅力で国内のみならず海外の観光客を惹きつけています。

(外国人観光客の観光案内所対応者数:179人(平成27(2015)年)→3,912人(令和元(2019)年))

(外国人宿泊者数:70人(平成27(2015)年)→3,147人(平成30(2018)年))

また、舟屋に「泊まる」だけでなく、伊根湾の新鮮な魚介類や、伊根名物のサバのへしこ(ぬか漬)等を「味わう」ことや、舟屋ガイドと回れる体験ツアーや伊根湾での釣り体験、漁師に教わるロープワークとビン玉縄編み体験、刺身づくり体験などの「体験する」ことも合わせて、地域を満喫する渚泊の取組を実践しています。

海沿いに立ち並ぶ舟屋群の写真
舟屋を活用した「舟屋の宿」の写真
ビン玉縄編み体験の写真
刺身づくり体験の写真

お問合せ先

水産庁漁政部企画課

担当者:動向分析班
代表:03-3502-8111(内線6578)
ダイヤルイン:03-6744-2344
FAX番号:03-3501-5097