このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

プレスリリース

令和4年度東京湾環境一斉調査の実施について

  • 印刷
令和4年7月28日
水産庁

今年度も水産庁は東京湾再生推進会議モニタリング分科会の一員として、関係機関と協力して「東京湾環境一斉調査」を実施します。本調査の概要や参加機関等を以下のとおりお知らせします。

1.概要

東京湾環境一斉調査(東京湾における流域及び海域の環境一斉調査)は、多様な主体が協働しモニタリングを実施することにより、国民・流域住民の東京湾再生への関心の醸成を図るほか、東京湾とその関係する陸域の水質環境の把握及び汚濁メカニズムの解明等を目的として実施されています。令和4年度の東京湾環境一斉調査については、6月に参加機関の募集を行ったところ、企業や市民団体を含む、合計133機関から参加表明をいただきました。参加機関一覧は別紙1、生物調査一覧は別紙2、環境啓発活動等のイベント一覧は別紙3をご覧ください。なお、各調査等の詳細な実施方法につきましては、お申込みいただいた窓口からご連絡いたします。
参加機関の皆様は、調査日の気象・海象状況に応じて安全な行動をお願いいたします。また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、マスクの着用等の基本的な感染防止対策の徹底にご留意いただくとともに、各都県知事からイベント開催に係る制限や不要不急の外出の自粛要請等がなされた場合は、各都県からの指示に従っていただきますようお願いいたします。

2.調査内容と参加機関数

1 水質調査
  ・実施基準日 令和4年8月3日(水曜日)
     予備日 令和4年8月10日(水曜日)
  ・調査内容 東京湾の海域又は流域河川において、次の項目等の調査を実施
    【海域】水温、塩分、溶存酸素量(DO)、化学的酸素要求量(COD)、透明度
    【陸域】水温、流量、溶存酸素量(DO)、化学的酸素要求量(COD)、透視度    
  ・参加機関数 112機関 
     
2 生物調査
  ・実施期間 令和4年7月から9月
  ・調査内容 東京湾の底生生物、カニ、魚類等の調査を実施
  ・参加機関数 9機関
  ※生物調査については事前登録なしでも調査実施後の成果の報告を受け付けています。
       報告の様式や提出方法については下記ウェブサイトをご覧ください。   
  https://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/TB_Renaissance/Monitoring/General_survey/index.htm

3 環境啓発活動等のイベントの実施
  ・実施期間 令和4年7月から10月
  ・活動内容 水質改善等に関する普及啓発活動を含むイベントを実施
  ・参加機関数 12機関

なお、実施時期の前後に実施される調査についても対象とします。

3.結果の公表

東京湾環境一斉調査の結果については、令和5年3月中を目途に下記ウェブサイトに報告書を掲載する予定です。過去の調査結果についても同ウェブサイトでご覧いただけます。
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/TB_Renaissance/Monitoring/General_survey/index.htm

4.その他

参加機関の一覧やお問合せ先等については<添付資料>をご覧ください。

<添付資料>
令和4年度東京湾環境一斉調査の実施について(PDF : 148KB)
参加機関一覧(別紙1)(PDF : 116KB)
生物調査一覧(別紙2)(PDF : 72KB)
環境啓発活動等のイベント一覧(別紙3)(PDF : 70KB)

お問合せ先

増殖推進部漁場資源課

担当者:鈴木、桂、田島
代表:03-3502-8111(内線6808)
ダイヤルイン:03-6744-2382

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader