このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

(1)我が国周辺の水産資源

ア 我が国の漁業の特徴

(我が国周辺水域が含まれる太平洋北西部海域は、世界で最も生産量が多い海域)

我が国周辺水域が含まれる太平洋北西部海域は、世界で最も生産量が多い海域であり、平成30(2018)年には、世界の漁業生産量の21%に当たる2,033万トンの生産量があります(図1-1)。

この海域に位置する我が国は、広大な領海及び排他的経済水域(EEZ)*1を有しており、南北に長い我が国の沿岸には多くの暖流・寒流が流れ、海岸線も多様であることから、その周辺水域には、世界127種の海生ほ乳類のうちの50種、世界約1万5千種の海水魚のうちの約3,700種(うち日本固有種は約1,900種)*2が生息しており、世界的に見ても極めて生物多様性の高い海域となっています。

このような豊かな海に囲まれているため、沿岸域から沖合・遠洋にかけて多くの漁業者が多様な漁法で様々な魚種を漁獲しています。

また、我が国は、国土の7割を占める森林の水源涵養かんよう機能や、世界平均の約2倍に達する降水量等により豊かな水にも恵まれており、内水面においても地域ごとに特色のある漁業が営まれています。

  1. 海上保安庁Webサイト(https://www1.kaiho.mlit.go.jp/JODC/ryokai/ryokai_setsuzoku.html)によると、日本の領海とEEZを合わせた面積は447万km2とされている。なお、この中には、我が国の主権的権利を十全に行使できていない北方四島周辺水域、日韓暫定水域、日中暫定措置水域等の水域が含まれる。
  2. 生物多様性国家戦略2012‐2020(平成24(2012)年9月閣議決定)による。

図1-1 世界の主な漁場と漁獲量

図1-1 世界の主な漁場と漁獲量

イ 資源評価の実施

特集第3節(2)ア

(資源評価対象魚種を50魚種から67魚種に拡大)

水産資源は再生可能な資源であり、適切に管理すれば永続的な利用が可能です。水産資源の管理には、資源評価により資源量や漁獲の強さの水準と動向を推定し、結果に基づいて適切な管理措置をとることが不可欠です。我が国では、国立研究開発法人水産研究・教育機構を中心に、市場での漁獲物の調査、調査船による海洋観測及び漁獲調査等を通じて必要なデータを収集するとともに、漁業によるデータも活用して、我が国周辺水域の主要な水産資源について資源評価を実施しています。

近年では、気候変動等の環境変動が資源に与える影響の把握や、外国漁船の漁獲の増加による資源への影響の推定も、我が国の資源評価の課題となっています。このような状況を踏まえ、今後とも、継続的な調査を通じてデータを蓄積するとともに、情報収集体制を強化し、資源評価の精度の向上を図っていくことが必要です。

このため、平成30(2018)年12月に成立した「漁業法等の一部を改正する等の法律*1」による改正後の「漁業法*2」(以下「新漁業法」といいます。)では、農林水産大臣は、資源評価を行うために必要な情報を収集するための資源調査を行うこととし、その結果に基づき、最新の科学的知見を踏まえて、全ての有用水産資源について資源評価を行うよう努めるものとすることが規定されました。また、国と都道府県の連携を図り、より多くの水産資源に対して効率的に精度の高い資源評価を行うため、都道府県知事は農林水産大臣に対して資源評価の要請ができるとともに、その際、都道府県知事は農林水産大臣の求めに応じて資源調査に協力することが規定されました。

これらを受け、令和元(2019)年度については、資源評価対象魚種を50魚種から67魚種に拡大しました。

また、マサバ太平洋系群等4魚種7系群については、新たな資源管理の実施に向け、過去の推移に基づく資源の水準と動向の評価から、最大持続生産量(MSY)*3を達成するために必要な「資源量」と「漁獲の強さ」を算出し、これらと比較した形で過去から現在までの推移を神戸チャートにより示しました。

  1. 平成30(2018)年法律第95号
  2. 昭和24(1949)年法律第267号
  3. 現在の環境下において持続的に採捕可能な最大の漁獲量

コラム「神戸チャート」とは?

「神戸チャート」は、資源量(横軸)と漁獲の強さ(縦軸)をMSYを達成する水準(MSY水準)と比較した形で過去から現在までの推移を示したものです。資源が右下の緑の部分に分布するときは、資源量も漁獲の強さも望ましい状態にあることを示し、資源が左上の赤の部分に分布するときは、資源量はMSY水準よりも少なく、漁獲の強さも過剰であることを示します。

なお、このチャートの名称は、平成19(2007)年に神戸で開催された第1回まぐろ類地域漁業管理機関合同会合に由来しています。

図:神戸チャート

図:神戸チャート

ウ 我が国周辺水域の水産資源の状況

(48魚種80系群のうち、資源水準が高・中位にあるものが56%)

令和元(2019)年度の我が国周辺水域の資源評価結果によれば、資源の水準と動向を評価した48魚種80系群*1のうち、資源水準が高位にあるものが19系群(24%)、中位にあるものが26系群(32%)、低位にあるものが35系群(44%)と評価されました(図1-2)。魚種・系群別に見ると、マイワシ太平洋系群やマアジ対馬暖流系群については資源量に増加の傾向が見られる一方で、スルメイカ冬季発生系群やカタクチイワシ太平洋系群については資源量に減少の傾向が見られています。

  1. 1つの魚種の中で、産卵場、産卵期、回遊経路等の生活史が同じ集団。資源変動の基本単位。

図1-2 我が国周辺の資源水準の状況と推移(資源評価対象魚種)

図1-2 我が国周辺の資源水準の状況と推移(資源評価対象魚種)

また、資源の水準と動向を評価した魚種のうち、我が国の漁業や国民生活の上で特に主要な魚種*1の13魚種33系群について見てみると、令和元(2019)年度には、資源水準が高位にあるものが9系群(27%)、中位にあるものが14系群(43%)、低位にあるものが10系群(30%)となりました(図1-3)。近年、主要魚種の資源水準は7割が中位又は高位にあります。

  1. 1)漁獲可能量(TAC)制度対象魚種(国際機関により資源評価が行われているクロマグロ及びサンマを除く。)、2)漁獲量が1万トン以上で生産額が100億円以上の魚種、又は3)生産額が10億円以上で国の資源管理指針に記載されている魚種のいずれかに該当する魚種。

図1-3 我が国周辺の資源水準の状況と推移(主要魚種)

図1-3 我が国周辺の資源水準の状況と推移(主要魚種)

なお、新たな資源管理の実施に向け、マサバ2系群(太平洋系群、対馬暖流系群)、ゴマサバ2系群(太平洋系群、東シナ海系群)、スケトウダラ2系群(日本海北部系群、太平洋系群)、ホッケ道北系群の4魚種7系群については、MSYをベースとした資源評価が行われるとともに、資源管理目標案と漁獲シナリオ案等が公表されました(図1-4)。

図1-4 マサバ対馬暖流系群の神戸チャート

図1-4 マサバ対馬暖流系群の神戸チャート

お問合せ先

水産庁漁政部企画課

担当者:動向分析班
代表:03-3502-8111(内線6578)
ダイヤルイン:03-6744-2344
FAX番号:03-3501-5097