このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

開洋丸

 開洋丸 揮毫画像

農林水産大臣 近藤元次 揮毫(平成3年2月19日 命名)


開洋丸画像

開洋丸 主要目   

長さ(全長)

93.01メートル

所属

水産庁

幅 (型)

15.00メートル

定けい港

東京

総トン数

2,630トン

従業制限(航行区域)

第三種(国際航海)

国際総トン数

2,942トン

竣工年月日

平成3年7月31日

最大搭載人員

65名

建造所

三井造船

目的・用途

本船は、水産庁に所属する漁業調査船で、流氷域及び熱帯域を含む全ての海域において、各調査機器と大型表中層トロール網により、水産生物の的確な資源調査、有用生物の発掘及び資源動向に影響を与える海洋環境調査等の基礎的研究を行う大型漁業調査船です。

 

1.基本性能

  • 船首楼付全通三層甲板船で、外洋の荒天域においても十分な耐航性を有する船型としています。
  • 高性能音響機器による調査・観測が満足に行えるよう泡切れ性能の良い船底ソナー形状、船首・船尾バルブを設けています。
  • ディーゼル機関2機1軸と、推進電動機1機1軸を有し、主機関等を防振支持としました。通常航行時及びトロール作業時にはディーゼル推進とし、音響調査時には電気推進とすることで、水中放射雑音の低減を図っています。
  • 日本海事協会基準に準じた耐氷構造(IC級)となっています。 

 

2.調査研究設備

  • 研究室6室、飼育室(0~30℃)、魚倉(-40℃)、漁獲物処理場を有しています。
  • CTDオクトパス、XCTD、計量魚探、超音波多層潮流計、人工衛星データ受信装置、環境センサー付き多段開閉ネット、プランクトン計量システムを搭載しています。
  • 大型表中層トロール網、RMTネット、自動イカ釣り機

 

3.主な調査航海(平成20年度) 報道発表資料へのリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

お問合せ先

漁政部漁政課船舶管理室

担当者:船舶班
代表:03-3502-8111(内線6515)
ダイヤルイン:03-3502-8397
FAX番号:03-3591-6810