English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > 水産物の放射性物質調査の結果について


ここから本文です。

水産物の放射性物質調査の結果について~4月24日更新~

 (株)東京電力福島第一原子力発電所からの放射性物質の放出による水産物の汚染状況を調べるため、水産庁は、出荷制限等の品目区域の設定解除の考え方」(PDF:374KB)に基づき、関係自治体及び関係業界団体等と連携し、福島県及び近隣県の主要港において、水産物を週1回程度サンプリングして調査しています。  

 (株)東京電力福島第一原子力発電所事故以降、これまで48,836検体の水産物の放射性物質調査を行ってきました(平成26年3月31日現在)。調査の結果、基準値(100 Bq/kg)を超える割合は事故からの時間の経過に伴い低下してきており、特に福島県においては、平成23年4-6月期には基準値を超える割合が53%となっていましたが、平成26年1-3月期は1.7%まで低下しました。

 

【福島県における調査結果】

 1404fukushima

 

【福島県以外の自治体における調査結果】

1404other_pref

 

これまで調査した全検体の詳細については、以下の「1. 水産物の放射性物質調査結果(一覧表)」をご参照ください。

なお、基準値を超過した水産物については、出荷制限や採捕自粛等の措置が執られております。詳細については、以下の「4. 各自治体における操業状況等について」をご参照ください

放射性物質調査の概要や魚種毎の傾向などについては、「水産物の放射性物質調査について(概要)」でもご紹介しています。

1.水産物の放射性物質調査結果(一覧表)

 エクセルファイル 

PDFファイル

   【事故-平成23年9月】(PDF:328KB)       【平成23年10月-12月】(PDF:347KB)      【平成24年1月-3月】(PDF:398KB)

   【平成24年4月-6月】(PDF:5,021KB)      【平成24年7月-9月】(PDF:4,531KB)       【平成24年10月-12月】(PDF:5,443KB)

   【平成25年1月-3月】(PDF:553KB)      【平成25年4月-6月】(PDF:5,927KB)          【平成25年7月-9月】(PDF:5,563KB)

   【平成25年10月-12月】(PDF:5,300KB)   【平成26年1月-3月】(PDF:571KB)

   【平成26年4月23日までの調査結果】(PDF:248KB)New 

  水産物の放射性物質の調査結果(ストロンチウム)(平成26年3月13日更新)(PDF:151KB)New

 

2.水産物の放射性物質調査結果(地図)

  【事故-平成23年9月】(PDF:339KB)        【平成23年10月-12月】(PDF:329KB)        【平成24年1月-3月】(PDF:361KB)

  【平成24年4月-6月】(PDF:349KB)          【平成24年7月-9月】(PDF:376KB)

 水産物の放射性物質の調査結果(地図 ストロンチウム)(平成26年3月13日更新)(PDF:954KB)New

   

3.水産物の放射性物質調査結果(地図)(遠洋漁業種) 

  【事故-平成23年9月】(PDF:227KB)         【平成23年10月-12月】(PDF:245KB)       【平成24年1月-3月末まで公表分】(PDF:233KB)

  【平成24年4月-6月】 (PDF:226KB)          【平成24年7月-9月】(PDF:236KB) 

 

4.各自治体における操業状況等について  

【海面】

東日本太平洋における水産物の出荷制限・操業自粛等の状況。(図(PDF:265KB))、(表(PDF:123KB))(平成26年3月3日現在)

    上記の状況作成後、新たに行われた出荷制限の指示・解除(平成26年4月16日現在)(PDF:40KB)

【内水面】

各県の水産物の出荷制限・採捕自粛等の状況。(表(PDF:154KB))(平成26年3月3日現在)

なお、福島県沖では、現在のところ全ての沿岸漁業及び底びき網漁業の操業は行われていません。 (ただし、ミズダコ、ヤナギダコ、スルメイカ、ヤリイカ、ケンサキイカ、ジンドウイカ、ケガニ、ズワイガニ、ベニズワイガニ、ヒゴロモエビ、ボタンエビ、ホッコクアカエビ沖合性のツブ貝(シライトマキバイ、チヂミエゾボラ、エゾボラモドキ及びナガバイ)、キチジ、アオメエソ(メヒカリ)、ミギガレイ(ニクモチ)、ヤナギムシガレイ、キアンコウ、アカガレイ、サメガレイ、アカムツ、ヒレグロ、チダイ、マアジ、メダイ、スケトウダラ、コウナゴ(イカナゴの稚魚)、シラス(カタクチイワシの稚魚)及びイシカワシラウオを対象とした試験操業を除く。

 

 参考

1.水産物の放射性物質についてご質問が寄せられていますので、水産物についてのご質問と回答(放射性物質調査) でご紹介します。 

2.東日本太平洋における生鮮水産物の産地表示方法について

3.(独)水産総合研究センターによる水産物放射性物質調査結果について

 

ご注意

ご自身のウェブサイトやブログ等へリンクを貼られる際には各ファイルへの直接リンクを貼ると、ファイルを更新した際にリンク切れとなるため、このページのURLをリンクしてください。

お問い合わせ先

水産庁

水産物に含まれる放射性物質の検査に関すること
増殖推進部 漁場資源課
代表:03-3502-8111(内線6803)
ダイヤルイン:03-6744-2380

放射性物質に関すること
増殖推進部 研究指導課
代表:03-3502-8111(内線6775・6778)
ダイヤルイン:03-3502-0358

水産物の流通に関すること
漁政部 加工流通課
代表:03-3502-8111(内線6618)
ダイヤルイン:03-3591-5613

水産物の出荷制限・出荷自粛等に関すること
資源管理部 漁業調整課
代表:03-3502-8111(内線6711)
ダイヤルイン:03-6744-1396



Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図