このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

クロマグロを対象とする遊漁者・遊漁船業者の皆様へNew

1. 資源状況が悪化している太平洋クロマグロの資源管理に、ご協力をお願いします。

全国の漁業者が、資源状況が悪化している太平洋クロマグロの資源管理に取り組んでいます。漁業者がクロマグロ漁を自粛している間、遊漁者の皆様にもご理解とご協力をお願いします。

詳しくは、下のリーフレット(PDF : 246KB)をご覧ください。

 kuro

 

2. 太平洋クロマグロに係る遊漁者・遊漁船業者に対する協力依頼の状況について

太平洋クロマグロの小型魚(30キログラム未満)について、水産庁は、平成30年1月現在、第3管理期間(*)における我が国の総漁獲量が3,201トンと漁獲枠の3,424トンを超過するおそれが著しく大きいため、1月23日、全ての沿岸漁業者に対して、太平洋クロマグロの小型魚(30キログラム未満)の漁獲に係る操業自粛要請を発出しました。
 (*)第3管理期間については、沿岸漁業は平成29年7月から平成30年6月まで、沖合漁業は平成29年1月から12月までです。 

【水産庁プレスリリース】
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kanri/180123.html


太平洋クロマグロの小型魚の漁獲に係る全ての沿岸漁業者の方は、本年6月まである第3管理期間中のクロマグロ小型魚(30キログラム未満)の漁獲を操業自粛しますので、遊漁者におかれましても漁業者と足並みを揃え、クロマグロ小型魚の遊漁を控えてください。


各都道府県の海域における漁業者の操業自粛の状況と、遊漁者・遊漁船業者の皆様へのお願いの内容はこちら(PDF : 90KB)をご確認ください。

    (各都道府県の遊漁に係るお問い合わせ窓口はこちら(PDF : 84KB)。) 

 

3. 太平洋クロマグロに関する詳しい情報について

太平洋クロマグロに関する詳しい情報は水産庁ホームページ内「くろまぐろの部屋」をご覧ください。

 

 

 

 

お問合せ先

水産庁資源管理部漁業調整課
沿岸・遊漁室
(沿岸・内水面)ダイヤルイン:03-3502-8476

(遊漁:海面利用)ダイヤルイン:03-3502-8469
FAX:03-3595-7332

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader